banner

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのメリットに対してデメリットにはどのような点が挙げられるのでしょうか。

ウォーターサーバーのデメリットとしてはやはりその値段にあるでしょうか。いくらペットボトルの水と値段があまり変わらないといってもやはり付随する経費が違います。適温を維持するための電気代、サーバーのレンタル料金または購入代金、メーカーによっては宅配が有料であるところも少ないですが、あることはあります。

単なる水に毎月支出するのはちょっと…と思われる主婦の方は多いのではないでしょうか。しかしこれらのデメリットは水の安全性、衛生面、また水のおいしさによって相殺される場合が多いので、今これだけウォーターサーバーが注目を浴びているのでしょう。

電気代ですが、夏場などは得に冷蔵庫の開け閉めだけでも電力をかなり消費しますが、ウォーターサーバーが設置されていることで冷蔵庫を開け閉めしません。「物は考えよう」と言う事になるのですね。

また場所を取るというデメリットもあります。確かにノート1冊から2冊分ほどのスペースだけですが、やはり場所を取ると言う事に変わりはありません。しかしよく考えてみるとペットボトルが占める冷蔵庫の割合も狭い冷蔵庫内ではそれなりのスペースです。また箱でまとめ買いしている場合などは箱を置いておくスペースはまさにノート1冊から2冊分くらいなのです。

Copyright(c) 憧れのウォーターサーバーを検討してみましょう. All Rights Reserved.